会 員 だ よ り

会員からのお便りなどを、掲載してゆきます。



幹事新年会・平成27年1月31日心斎橋・大観にて7月の総会々場の下見を兼ねて
心斎橋ハートンホテル内「大観」にて実施。
新年の抱負を語り合い交流を深めた。終了後7月に総会を開く研修会場、宴席
の下見をした。出席は12名

幹事会・平成27年2月21日会長宅「光傳寺」で、4月の公開講座開催の実施法。
役員分担について話あいまとめる。出席は12名
幹事お花見の会・平成27年4月4日光傳寺で。幹事有志8名が会長宅(光傳寺)にて
観桜会を催し、仲間との交流を深めるた。


(HPの特性で新しいお便りほど上部に掲載されます。ご留意下さい。)
23年度「心を守る会」の総会に出席しての感想等につき次の通り報告致します。           
1.
講演について
佐々木先生の動脈瘤の手術のリアルな画像は迫真的で、非常に参考になりました。
また、自覚症状がない動脈瘤にどのように対応してゆくかのお話は今後の健康管理に役立ちました。
我々は、何かの形で内臓に障害を持っており、動脈瘤には大手術を受ける前に早期発見に努めなけ
ればならないと痛感しました。
2.
宴席について
今回は主治医の先生別に席が設けられたと考えますが、極めて有効と思います。これは、共通の話
題に花が咲き、経験等から種々の情報の共有が図れます。また、テーブル「絆」カードも有効でした。
なを、名札を工夫して席の前に出せるようにするか、起点席次を決めて順番に着席させ、名前がカー
ドと一致できるようにすべきと思います。
3.
要望事項
21年6月頃添付コピーの通り小林先生が、バイバス手術またはカテーテル治療を行った患者の予後
調査を行われました。この、手術または治療を受けた人は会員に極めて多く、もっと知りたい情報だと
思います。出来れば機会を見て小林先生に講演をお願いして下さい。
                                                   唐野 勝

今回のテーブル席はありがたい。メモするのが楽ですし、もたれられるので身体が楽です。先生の
紹介欄嬉しい。年に1〜2回同じ想いの方達とお合いし、近状報告し、励まし合える事は、これからの
毎日に勇気が頂ける気がします。又、普段親しくお話していただけない大先生と、懇談出来るのは
なによりの力をいただけます。 テーブルの粋なカードも良いアイデアーです。   氏名不詳
「心を守る会」様へ
本日の総会お世話になりました。幹事の皆様ご苦労さまでした。そして、講演して頂いた先生方
には厚く感謝します。私、命を助けて頂いて早19年になります。生かされて色々ありましたが国立
循環器病研究センターのことは、一生忘れず感謝致します。
現在も苦しんでいる人達にどんどん治療して下さい。先生どうも有り難うございました。
                                                 宮田隆司
国子新会長の総会のごあいさつは、盂蘭盆や盆踊りの意味などを入れて、国子さんならではの
お話で、たいへん味わい深く聴き入りました。
砂村さんの御霊が、お盆を待たずに戻って来られ会場の天井近くからよろこんで見おろしてお
られるのではないかと思いました。(そのことを閉会の辞で、言おうとして言い落とました。)
                                                 小田 迪夫
先日「心を守る会」に、初参加させていただいた 前田隆治 と申します。6月30日(木)佐々木
先生の診察後、賀谷さんがおられ佐々木先生の講演会と聞き入会しました。
川島先生・北村先生が、顧問でいらつしゃるこの会「心を守る会」は立派な会であるあることを
強く感じました。
佐々木先生の講演も実例に伴うスライドが、写され、私もあんな難困を手術をしていただき今こ
の世に元気に生きていることを改めて感謝しています、この会に参加し多くの方も元気されて
おり勇気もいただいたしだいです。
最後になりましたが先生方のご健康とご多幸をお祈りすると共に「心を守る会」が、ますます発展
しますようにお祈りします。
今回「心を守る会」参加させていただきさらに元気と勇気ももらいました。幹事の皆様ありがとう
ございました。                                        前田 隆治
今回、新入会させて頂いた岡田でございます。
長年病院にお世話になりながら「心を守る会」は知りませんでした。始めての会合に老齢ですが
緊張しました。ところが皆さん御親切で病院から御出席の川島先生、北村先生、佐々木先生
豊田会長さん方々が、会員に親切に御応対していただき会に入会して良かったと思ました。
私は、大正15年生まれの超後期高齢者です。
18歳の時に、満州国新京の学校に入学し、19歳で国境近くの軍隊に入営さされました。
僅か3ヶ月の軍隊生活で、終戦後シベリアへ約2年間抑留されました。
75kの体重が日本へ帰国した時は40kgでした。帰国後焼野原の祖国は自由が素晴らしく、懸命
に働き、深酒、ヘビースモークで、体重が85kgとなりました。仕事が面白く毎日が楽しく、50歳の
時に心筋梗塞で桜橋の渡辺病院に救急車で運ばれ入院治療を受けました。
当時は、当時は北区大淀中1丁目で住んで居りましたが退院後、新千里北町に移りました。
丁度幸いに国立循環器病研究センターが近く心臓を診ていただけることになりました。
酒も煙草もやめたのですが、何回も入院させて頂いて居ります。
今回は立派な会に入会させていただき、その幸せを喜んで居ります。どうか今後ご指導を宜しくお
願いします。                                         岡田 政豊
昨年、相原先生の講演を、きっかけに入会し、今回が2回目ですが、大変、有意義な時間を過ごさ
せて頂ました。                                       青木千鶴子
これからも宜しくお願い致します。                                陽子